Top

20年ぶりの伯父さん

e0206124_17404625.jpg

ジャック・タチ映画祭で約20年ぶりにジャック・タチを観た。
もう終わってしまいましたが、名古屋はシネマテークにて開催。

20年前はどこの雑貨店やカフェに行っても貼られていたタチのポスター。
当時はいわゆるオシャレな映画という見方で観てしまっていたけど、
今改めて観ると、20代の頃とはまた違った視点で見えて新鮮でした。

特にスクリーンで観る大作「プレイタイム」の素晴らしさ。
すべてのシーンにおいての完璧な構図や色と音楽。
そして今回の発見は劇場でたくさんの人と観ることによって気づいた笑うタイミングのズレ。
「プレイタイム」は1つの画面で同時多発的に細かなギャグが発生するので、
画面の中のどこを見てるかによって人それぞれ笑うタイミングが違ったりします。
通常、映画はみんな同じ箇所で笑うことが多いので、
笑うタイミングがズレるというのはすごくヘンな感じ。
これがなんとも不思議な体験で気持ち悪くて面白い。
この映画を見てる人たちも「プレイタイム」の映画の一部のような(笑)

さらに今回はデジタルリマスタリングで鮮明になっていて、
プレイタイムの真骨頂である引きの全体像の細かい部分までしっかりと見え、
冒頭の空港の奥の方にいる人間が書き割りだったことにも気づくぐらい。
(タチはわざと部分的に人の書き割りを置き、観客の視点を誘導したらしい)
引きの映像を見せるためにわざわざ70mmで撮ったというタチの意向を考えれば、
大きなスクリーンで観てこその映画だけど、
大型液晶テレビが普及した今であれば、ぜひブルーレイでも観たいところ。

現在、タチのDVDはどれも廃盤でかなりのプレミアがつき、
TSUTAYAにもあったりなかったりするので、新しいファンは鑑賞しにくい状況だったのですが、
これによると、今回のリマスター日本盤がやはり出るみたい。
ブルーレイで欲しいなあ。

[8/18追記] やっと発表されました。
日本盤 ジャック・タチ コンプリートBOX(ブルーレイ)!楽しみです。

e0206124_17404348.jpg

あと、サントラもいろいろと出てますが、
写真の「sonorama!」はパッケージも曲順も良くて気軽に聴ける決定盤。
これとレイモンド・スコットが最近のお仕事BGM。
[PR]
# by airscribe | 2014-06-09 22:37 | airssay | Comments(0)

ファースト・クエスチョン・アワード

e0206124_2332873.jpg

最近、子どもも大きくなり、質問の難易度が上がってきた。
どうして戦争をするの?」や「宇宙の果ては?」と言った王道系から、
パパは会社に行ってないのにどこからお金をもらってるの?」といった家庭の事情系まで。

そして昨日は「パパの子どもの頃やってたアニメでツッコミが面白かったものは何?」という
ニッチな質問を受けたので、しばらく思案した挙げ句、ふと浮かんだ「パタリロ」。
小学生の頃、見ただけだったので、内容もうろ覚えだったのだけど、
「だーれが殺したクックロビンー」というのが妙に可笑しかった記憶が。

YouTubeで検索し、第一話を一緒に見始めると昔よく聴いたテーマソング。
うんうん、思い出した。そんなんだったような気がする。息子も面白そうと言っている。
しかし、話が進むにつれ、女性なのか男性なのか見分けにくい登場人物たちが・・・
男が男に顔を赤らめている?
パタリロ(男)とバンコラン(男)のベッドシーン?あれ?こんなんだっけ?

「なんで男の人が顔を赤くしてるの?」「これどういうこと?」という
若干答えにくい質問を矢継ぎ早に受けるはめに。
そういえば、当時よく分からなかったニュアンスがあったのを思い出した。
こういうことだったのかと、今さら。
[PR]
# by airscribe | 2014-05-16 23:14 | airssay | Comments(0)

ある打ち合わせのテーブル

e0206124_1423844.jpg

ここ数年はデザインだけではなく、
企画・編集的な部分から相談されることが増えてきました。
時にそういった打ち合わせでは仕事以外の部分で共通の何かが
たくさん持てれば持てるほどおもしろい展開になったりもします。

そんな打ち合わせでも話題になった「& Premium」。
毎号素敵ですが、今月号は特に良かったですね、と。
キャッチコピーから写真のレイアウト、
アーリー90's的なコンテンツを10年代の視点で捉えたような内容。
この表紙を見てあの二人組を思い出す人は90年代になんらかの思い入れのある人。
なのだろう。とかなんとか。
[PR]
# by airscribe | 2014-04-27 18:09 | airssay | Comments(0)

WORKS|山内崇嗣 「くるみの部屋」

e0206124_23165156.jpg

e0206124_23164631.jpg

APMoA Project, ARCH vol.9 山内崇嗣 「くるみの部屋」
2014年4月17日(木)-6月8日(日)
愛知県美術館[愛知芸術文化センター10階]展示室6ほか

パンフレット / DM
CL|愛知県美術館
Designed by AIRS
[PR]
# by airscribe | 2014-04-26 23:28 | works | Comments(0)

近況スクラップ:期末篇

e0206124_1314731.jpg

この3月は消費税増税と期末ということで、印刷所をはじめ、どこもテンパっていた様子。
ウチの場合も抱えているほとんどの案件の締切が3月末だったために
2月半ばに「一人ではヤバそう」ということに気づき、
とりあえず3週間の期間限定ということで友人デザイナーのケイタくんに助っ人をお願いした。

結果、来てもらって本当によかった。
今までも外部の人にお願いすることはちょくちょくあったのですが、
隣で手伝ってもらうことは実に4年ぶり。
細かいニュアンスをすぐに伝えられるので、これはやはり心強い。
作業量の多いものでも安心して受注できるし、
少し煮詰まった時に「どう?」と聞いて、何かしらの客観的感想が聞けるという意味においても。
最終的に1ヶ月手伝ってもらって、とりあえず一昨日まで。
今後は複数でやることも少し視野に入れつつ、といった感じで。

e0206124_1314552.jpg

さて、3月も終わり。娘が保育園を卒業。
上の息子を含め7年半、毎朝出勤前に保育園に送っていく
というのが日課だったのですが、それがいよいよ終了。
毎朝、保育園でいろんな方と挨拶するのが心地よかったんだけど、残念。
そういった関係で4月からは僕の始業時間も少し早まる予定。

e0206124_1314194.jpg

この3月に事務所でよくかかっていたものの1枚が、
3月26日にリリースされたOrlandの新譜「Fragment of Romance」。
表題曲の「Fragment of Romance」は前身バンドの終わりがけにできた曲で、
レコーディングもしているので思い入れのある曲。そのバージョンは未発表ですが。
これと「Love's On The Way」はホントいい曲。
写真で使われているアー写のできるまでが、なぜかウチのブログ記事のアクセス数No.1。
[PR]
# by airscribe | 2014-03-30 15:22 | airssay | Comments(0)

WORKS|大浮世絵展

e0206124_22283059.jpg

e0206124_22282721.jpg
e0206124_2237172.jpg
e0206124_2375529.jpg

大浮世絵展
2014年3月11日(火)〜5月6日(火)
名古屋市博物館
公式ウェブサイト(名古屋)

B1・B2・B3ポスター/チラシ/チケット/他
CL|名古屋市博物館、中京テレビ放送
Designed by AIRS
[PR]
# by airscribe | 2014-03-15 23:15 | works | Comments(0)

WORKS|LOFT NAGOYA AD

e0206124_22185041.jpg

e0206124_22185250.jpg

ロフト名古屋 地下鉄栄駅 看板デザイン
SIZE|1670×1180
CL|ロフト名古屋
Designed by AIRS
[PR]
# by airscribe | 2014-03-15 22:24 | works | Comments(0)

MEDIA|フライヤーのデザイン

e0206124_17522932.jpg

e0206124_17522468.jpg

書籍|フライヤーのデザイン ー人を集めるチラシのアイデア(amazon
CL|ビー・エヌ・エヌ新社
気になっていたデザインが満載の素敵なフライヤーデザイン集です。
「美しき日本の自然」と「浮漂ー漆と現代美術の饗宴ー」を掲載していただきました。光栄です。
[PR]
# by airscribe | 2014-01-28 18:04 | media | Comments(0)

あけましておめでとうございます

e0206124_2230615.jpg

年末に見た映画「ゼロ・グラビティ」が最高でした。
皆さんが「絶対3Dで」と勧めていたので、「アバター」以降苦手だった3Dで鑑賞したのですが、
これはさらにその上のIMAX 3Dで見るべきだったと少し後悔。
これは映画というより体験だな、と。
キューブリックの「2001年宇宙の旅」を今やるとしたら、
こういったアプローチもあったのではないかと思えるほど。

e0206124_2230420.jpg

そして大晦日より、その分厚さと忙しさでなかなか読み出せなかった
スティーヴン・キングの新作「11/22/63」を読み始めました。
ケネディ暗殺を阻止するために過去への旅に出る、という手垢のついてそうな題材を
それだけではない手法で描いている・・・らしいです。まだ上巻の途中なので。
でも、これは面白くなりそうな予感。

その小説を読んでいて思い出した映画「バタフライ・エフェクト」。
いわゆる “バタフライ効果” の話なので、過去のある時点を変更することで現在を変えるという
これもタイムパラドックス的なもの。
そういえばまだ見てなかったということで正月に鑑賞。

e0206124_2230242.jpg

・・・していると、最近なぜかアニメにハマり出した嫁が
「デザイナーならこのアニメも見ないと。最後の3話はあなたも絶対好きだから」と
半ば強制的に「魔法少女まどか☆マギカ」を見せられる。
グラフィック寄りの魔女の世界というのは多少面白いかなと思ったものの
正直な所、あの萌え萌えの絵柄が苦手だったので、
最初は何が面白いのかサッパリだったのですが、3話目ぐらいから・・少しだけ興味が湧き、
そしてラスト3話になると・・・確かに面白かったです。
ネタバレになるので直接的には控えますが、偶然にも上記2つとつながるような展開。
萌えアニメが苦手な方も意外とイケるかも。
レンタルする時には娘を連れていきましたが(笑)
※画像はGoogle検索のもの。

e0206124_22295832.jpg

という感じでもろもろインプットした年末年始。

あけましておめでとうございます。
今年はいろいろな方と一緒に仕事をしつつ、新たなチャレンジをしていこうと思っています。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
# by airscribe | 2014-01-06 16:46 | airssay | Comments(0)

今年も1年ありがとうございました。

e0206124_11335316.jpg

今年は例年にも増して、仕事が納まりきれていないのですが、
もう少し頑張ったらとりあえず一旦納めようと思っています。
…とだいたい毎年同じようなこと(昨年一昨年一昨々年)を書くのが恒例となってきました。

さて、今年は本厄だったのですが、皆様のおかげで本当にいい年でした。
実は2年ぐらい前から自分の中で仕事のやり方やデザインに対するスタンスを少しずつ改めていて、
それがとても気持ちよく回り出して、楽しくお仕事することが出来ました。
ただ仕事量的にはキャパを越えてしまい、泣く泣くお仕事をお断りしてしまったりして、
ご迷惑をおかけしたことも多々あり、
それを来年はなんとか改善できるようにしたいと思っています。

今年もいろんな方々にお世話になり、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。
[PR]
# by airscribe | 2013-12-30 12:06 | airssay | Comments(0)


AIRS|Graphic Design

Nagoya Flat 403
3-23-24 Sakae Naka-ku
Nagoya Aichi 460-0008

T&F 052.262.6172
http://www.on-airs.com
info@on-airs.com
Twitter
Tumblr (Portfolio)


by airscribe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
airssay
works
media
study
profile

最新の記事

WORKS|追悼 小嶋悠司
at 2017-04-26 18:52
WORKS|東山魁夷 唐招提..
at 2017-04-24 22:10
WORKS|よみがえれ!シー..
at 2017-04-23 00:17
MEDIA|進化する!地域の..
at 2017-02-22 10:06
MEDIA|パッと目を引く!..
at 2017-01-10 10:15

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2002年 06月

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
クリエイター

画像一覧