Top

カテゴリ:airssay( 74 )

あるアーティスト写真ができるまで

e0206124_2153512.jpg

e0206124_21535560.jpg

e0206124_2154742.jpg

e0206124_21541369.jpg

e0206124_21541994.jpg

e0206124_21552854.jpg

e0206124_21553273.jpg

先日、ORLANDのアーティスト写真を撮影しました。
せっかくなので完成アー写までの経緯を少しだけ。

「ラフな感じで」というだけのラフなオーダーだったので
とりあえずの方向性を考えるところからスタート。
だいたいまずは既存のものと結びつけて考えます(最後にはかけ離れますが)。
「ORLAND」と「ラフなアー写」で真っ先にイメージしたのが、
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジャケ写(写真1枚目)。
でも、これはラフなイメージを作ってはいるけど、かなり意識的な構図なので、
思っているようなイメージは出にくいだろうということで、しばし保留。
できれば、意図的ではなく偶然によってできるものがいい。
そこで暗闇に光を当てるというのを少し発展させて、
夜もしくは夕方で光を絡めたいなあと漠然とイメージ。

そして、たまたま子供の花火を遊びで撮っていたら、
(写真2枚目)が撮れたので、ここから着想。
手法的には珍しくない撮り方だけど、偶然性によって出来るので
シチュエーションと意味性が付加すれば面白いかも、と。
当初は車が流れている道路脇での撮影にして、
ライトか花火を持って写そうかと思っていたところ、あいにくの雨で室内へ移動。
iPhoneのLightアプリを使うというのは誰からともなく出たアイデア。
これが上手くハマって、その動きのスピードやシャッタースピード、
カメラを動かしたりなどいろいろと試しながら撮影。

最後の写真が完成写真です。
Photoshopで色調を調整してますが、合成は無し。一発撮りです。

カメラマンは岩越くん。
希望の撮影日程は前もってORLANDに投げていたんだけど、
撮影前日に「明日出来ます!」とラフな返事をするもんだから、
慌てて友人のNopposのお二人に手伝ってーという連絡をした次第。
ありがとう、岩越くん。

そして、もうすぐリリースされるORLANDの12インチはダウンロードコード付きで、
それらをダウンロードするとアルバム並みのボリュームになるみたいです。
現在進行形のクラブミュージックでありつつ、
YMO〜NEW WAVE世代もいける相当素晴らしい出来。ぜひとも。
[PR]
by airscribe | 2012-06-20 22:17 | airssay | Comments(0)

閉店セール

e0206124_0373724.jpg

先日、近所の雑貨店が閉店セールということで全品70%OFFに。
60坪ぐらいのなんでもない雑貨店なのだけど、その日はすごい混雑ぶり。
そして無謀なことにそれに対してのレジは1台。
結果、レジの待ち時間はなんと4時間。ディズニーランド超え。

当然最初から4時間待ちと分かっていれば、並ぶ人も少ないのだろうけど、
並んでいる列を整理している店員さんもいないため、
皆さん混雑の中、やっと最後尾を探り当て、並び始める。

1時間を過ぎたあたりで異変に気づくのだけど、すでに1時間並んでしまった
ということで引っ込みがつかず、そのままズルズルと並び続ける。
そして、周囲にある雑貨を吟味し、せっかく並んだのだからと
日常であれば買わないだろう商品も次々とかごの中に入れていく。
最後の方ではその前後の人たちとの間に妙な連帯感さえ生まれ、
4時間後のレジに進む時には周囲の人々に一礼。
「それではお先に失礼します」と卒業式のような雰囲気。

という体験をヨメから聞きました。
僕は途中少しだけのお手伝い。

それにしてもこの状況を見て、すごいなあと思ったのは、
これだけ長時間並ばされていて、さらには列の整理をしている店員もいないのに、
一切横入りしたり、大声を出して店員に詰め寄ったり、暴動にならなかったこと。
そして、最後に前で並んでいたおばさんが言ったなぜか悟りきったような一言。
「フリーマーケットに行って、いらないものを買ってきたって思えばいいじゃない」
[PR]
by airscribe | 2012-04-21 10:08 | airssay | Comments(0)

あの頃、マリー・ローランサン

e0206124_17201353.jpg

新年度のためのリニューアル仕事がもろもろ無事終盤。
これで春を迎えられそう。

写真は独立する時に買ったMac G4。
ある1つの仕事だけ古いバージョンで作業して欲しいということで使っていましたが、
それも新しい方に移行できることになったので、いよいよお別れ。

これで事務所に余裕ができました。
早速、隣の席にMac Proを設置したので、忙しい時に手伝ってもらったり、
なんなら誰か事務所シェアしませんか、でもいいかも。
そろそろ一人に退屈してきたのでなにかしら考えたいところです。

そして、奥に写っているレコードは、山口さんのツイートで思い出して、
最近よく聴いている加藤和彦の「あの頃、マリー・ローランサン」。
小沢健二にカバーして欲しい名曲。
[PR]
by airscribe | 2012-03-16 17:32 | airssay | Comments(0)

e0206124_1829284.jpg

e0206124_18285878.jpg

e0206124_18285646.jpg

e0206124_18285372.jpg

e0206124_18285112.jpg

e0206124_18284897.jpg

e0206124_18284621.jpg

e0206124_18284391.jpg

ロ マ ン チ ッ ク

sweethearts by emmett williams
[PR]
by airscribe | 2012-02-19 23:45 | airssay | Comments(0)

医者はなんのためにあるのだ!

e0206124_13252235.jpg

先日、流行りのインフルエンザをいただきました。
木曜の朝、なんだか身体がフラつくし、熱があったのだけど、
どうしても事務所に行かなくてはいけなかったのでやむを得ずタミフルを飲み、出勤。

昼過ぎまではなんとか持ったものの、すごい頭痛。
(おそらくタミフル効果でこの程度で済んだのではないかと)
3時には事務所を出て、近所の内科で診てもらうと・・・怒られた。
久しぶりに大人に怒られました。
勝手にタミフルを飲むな、と。それを判断するのが医者の仕事だ、と。
医者はなんのためにあるのだ!(© BJ)と。
ふむ、おっしゃる通りです・・。すいません。
普段おっとりとした先生だと思っていたのですが、
実は心の中に熱いものを持っていることに少し驚きました。
待合室になぜ「Dr.コトー」が全巻揃っているのかもなんとなく理解できました。
これからは気をつけます。先生。

そして、話は変わりますが、写真は新しくした名刺。
今回から「DESIGN AND MORE」という1文を入れました。
普段は割とマイペースにしていますが、
この「AND MORE」には少し熱いものが込められています。
[PR]
by airscribe | 2012-02-15 13:33 | airssay | Comments(0)

名刺を交換

e0206124_1746506.jpg

新しい名刺を作りました。
すでに知り合いの方も今度会う時はもらってやってください。
紙はミスターBのホワイト180kg、角丸は半径2mm、
文字があっちこっち向いていてデザイナーっぽい(67歳・父談)です。
[PR]
by airscribe | 2012-01-30 18:07 | airssay | Comments(0)

展/覧/会

e0206124_23573869.jpg

ポロック展が昨日で終了。
関わらせていただいたとはいえ、仕事とは関係のないタイミングで、
会期中4回も見に行ってしまいました。
これほど同じ展覧会を繰り返し見たのは初めて。

そして、写真は同じく昨日で終了してしまったフィリップ・ワイズベッカー展。
こちらもとても良かった。もう少したくさんの作品を見てみたいと思わせてくれる良い展示。
こういうのが名古屋で見られるのは嬉しいですね。
移転して1周年を迎えた On Reading さんの今後の展開も楽しみ。

そして、土曜日は愛知県陶磁資料館にて「龍泉窯青磁展」の開会式に。
最近、展覧会づいています。
次は名古屋市美術館で2月11日から始まる「ベン・シャーン」も楽しみ。
[PR]
by airscribe | 2012-01-23 00:39 | airssay | Comments(0)

BGM 2011

e0206124_928522.jpg

大晦日。
今日で今年も終わりということで、今年よく聴いていた新譜を。

坂本慎太郎 / 幻とのつきあい方(
PIZZICATO ONE / 11のとても悲しい歌(
JAMES BLAKE / JAMES BLAKE(
細野晴臣 / HoSoNoVa(
BENNY SINGS / ART(
Jens Lekman / An Argument With Myself(
THE BEACH BOYS / SMiLE(
Destroyer / Kaputt(
salyu x salyu / 話したいあなたと + Hammond Song
TORO Y MOI / UNDERNEATH THE PINE(
ST. VINCENT / STRANGE MERCY(
CRAFT SPELLS / IDLE LABOR(
DIRTY PROJECTORS + BJORK / MOUNT WITTENBERG ORCA(
HARVARD / HAHVAHD(
golf / PARADISE GANG(

特に細野晴臣、PIZZICATO ONE、坂本慎太郎、JAMES BLAKEは
繰り返しよく聴いていたので、今後これらを聴くと
この激動の2011年を思い出すことになるような気がします。
偶然でも必然でも音は時代に反映されるんだなと。

それでは、よいお年を!
[PR]
by airscribe | 2011-12-31 10:02 | airssay | Comments(0)

今年も1年ありがとうございました。

e0206124_20155357.jpg

1ヶ月ブログを休んでいる間に今年も終了。
いろいろと年内にやり切ろうとしていたことが、やり切れず。
ブログやTwitterをやる時間をそれらに当てていたのですが、やり切れず。
悔いは残りますが、まあ楽しいことなので、来年に持ち越すことにします。

Twitterを眺めていると、今日で仕事納めの方が多いみたいですので、
ウチもなんとか今日無理矢理納めてみようと思いましたが、どうやら難しいみたいです。
明日にはなんとかしたいものですが、とりあえずここの更新を先に。

と、ほとんど昨年末と同じような文面と写真ですが、大きな違いがあった2011年。
来年は良い年でありますように。

今年も1年、いろいろとありがとうございました。
みなさま、よいお年をお迎えくださいー。
[PR]
by airscribe | 2011-12-28 20:17 | airssay | Comments(0)

インスピ&レーション

e0206124_2318317.jpg

年末ですが、なんとか年内にやっておきたかったいろいろな自分のことを少しずつ。
放置しているウェブサイト、新たな名刺、自主制作 などなど。
写真はそれらの自主的な制作にインスピレーションを与えてくれる本やCOMPACT & DISC。
一見バラバラに見えるものですが、自分の中では共通点もあったりして。

NOEL & GALLAGHER「PLAY LOUD」
&がついてない本家には実はあまり興味がないのですが、
こちらは音楽好きならきっとニヤニヤしてしまうユーモアたっぷりのMIX&CD。

SAUL STEINBERG「THE LINE」
初期の藤子不二雄にも影響を与えたソウル・スタインバーグの1954年の螺旋階段ドローイング集。
ジャバラがすごい。

BOB GILL, SO FAR.
ボブ・ギルのベスト版的な内容。この方のユーモアはホント素敵。

坂本慎太郎「幻とのつきあい方」
2001年、9.11以降の空気感を表現していたPOINT
2011年、震災以降のもやもやとした気持ちを表現したのはコレ。しかもサラッと。
[PR]
by airscribe | 2011-11-25 23:39 | airssay | Comments(0)


AIRS|Graphic Design

Nagoya Flat 403
3-23-24 Sakae Naka-ku
Nagoya Aichi 460-0008

T&F 052.262.6172
http://www.on-airs.com
info@on-airs.com
Twitter
Tumblr (Portfolio)


by airscribe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
airssay
works
media
study
profile

最新の記事

WORKS|海たび
at 2018-07-17 12:25
WORKS|SAKAE SP..
at 2018-06-02 14:15
WORKS|2018年法隆寺..
at 2018-03-30 11:37
MEDIA|デザイン・メイキ..
at 2018-03-21 10:19
MEDIA|MdNデザイナー..
at 2018-03-12 12:20

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2002年 06月

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
クリエイター

画像一覧